家屋解体は専門業者に頼もう|優良業者の選び方とは

近隣トラブル対策

作業員

建物に被害が及ぶことも

神奈川で解体工事を行う際に気をつけたいことは多々ありますが、近隣住民への丁寧な対策は重要なポイントと言えます。家の建て替えのための解体工事でトラブルが生じた場合、今後の近所関係に影響が出る可能性があります。また、更地にして売却を予定している場合であっても、気持ちよくその土地を去りたいものです。近年の解体工事は重機や機能的な道具が開発され、騒音や振動を以前より抑えられるようになっています。しかし、どうしてもゼロにはなりませんので、騒音や振動、粉塵等の飛散など様々な問題を最小限に抑えつつ、近隣に最大限の配慮をする必要があります。神奈川での解体工事前には、工事責任者と共に近隣挨拶に回るのがベストです。神奈川で解体業者を選ぶときには、近隣対策をどう取っているのかしっかりと確認すると良いです。振動によって、周辺の建物に亀裂が入ったり沈下したりする可能性は否定できません。特に鉄筋コンクリート造住宅を解体するときは振動が大きくなります。本来であれば解体工事前に家屋調査を行っておいたほうが安心ですが、施主が調査費用を負担することになるので、調査に踏み切れない人がほとんどです。神奈川の解体業者は損害賠償責任保険に加入しているのが一般的ですが、その賠償金額や内容などを確認しておくと良いです。また、近隣建物に被害を与えた場合の責任は施主ではなく、解体業者にあります。しかし、例えば工事の途中で近隣住民から建物に亀裂が入ったと知らされても、解体業者に伝えずに被害が大きくなった場合は、施主も過失を問われる可能性があり注意が必要です。

Copyright© 2017 家屋解体は専門業者に頼もう|優良業者の選び方とは All Rights Reserved.